ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

団体定期保険Aグループ

 従業員が在職中に死亡した場合などに、企業側に保険金が支払われる1年掛け捨ての保険。一つの契約で従業員全員が加入し、企業側が保険料を負担する。掛け金は割安で、多くの大企業が採用。被保険者(従業員)は延べ4000万人を超えていた(1997年、生命保険協会調べ)。しかし企業の保険金独占が社会問題化したため、保険各社は96年以降、遺族補償を主契約とする「総合福祉団体定期保険」に切り替え、企業の経済的損失は上限2000万円の特約で補償している。ほかに自己負担で任意加入のBグループがある。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ