ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

期末株価

 多くの企業は3月期決算を採用し、保有株式の価値(時価)を3月の取引最終日の終値で確定させている。日本では慣例として企業が互いの株式を持ち合ってきたため、株価の変動が企業財務に与える影響が大きい。 時価会計の導入で、企業は保有株の時価が帳簿価格(簿価)より大幅に下回る場合に、時価との差額を損失として決算に計上する必要があり、特に多量の株式を保有する銀行と生命保険会社にとって、株安は深刻だ。 銀行は取引最終日だけでなく3月月中の平均株価を採用することもできるが、いずれにせよ3割から5割以上下落した銘柄について差額を損失として計上。下落幅がそれ以下でも、含み損の6割を自己資本から差し引かねばならず、株価下落は経営体力の低下に直結する。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ