ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

人工多能性幹細胞(iPS細胞)

 皮膚などの細胞に人工的に遺伝子を入れるなどして、さまざまな細胞に変化できる能力を持たせた細胞。山中伸弥・京都大教授が2006年にマウスで、07年に人で作製を報告し、12年にノーベル医学生理学賞を受賞した。けがや病気で失った組織や臓器を修復する再生医療に有用とされる。また、治療が難しい病気の患者の細胞からiPS細胞を作って体外で病態を再現し、創薬に生かす取り組みも進んでいる。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ