ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

A検体とB検体

 通常のドーピング検査では正確さを期すため、採取した尿検体をAと、予備のBの二つに分ける。原則として両方とも禁止薬物に陽性反応を示さなければ違反にならない。A検体で陽性になった場合、当該競技者はB検体の分析を求め、検査に立ち会う権利を持つ。世界反ドーピング機関(WADA)が定めたこの手順に、国内外の多くの競技団体が従っている。日本相撲協会が2日の簡易検査の後に行った精密な検査も、同じ手続きを踏んだとみられる。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ