ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

社長の解任

 株主総会で選任される取締役は、改選期を迎えて再任案が提出されても、株主総会で原則、過半数の株主の反対で解任することができる。株主が社長の再任に反対するケースが増えているのは、要求を通すため経営陣に圧力をかける手段のひとつとして活用しているためとみられる。買収防衛策を導入した会社や業績の悪い会社などで、会社側の人事案に反対票が集まりやすい。  5月末の総会で、社長を含む取締役の選任が否決されたアデランスホールディングスは、取締役の任期を2年から1年に変更していた。買収防衛策の導入時に、株主の支持を得るため任期を短くしたが、株主が社長を辞めさせる機会を増やしたともいえる。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ