ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

人工島

 広さは約401ヘクタール、総事業費は約4600億円。1994年に福岡市東区の博多湾で造成が始まった。東側は市の第三セクター「博多港開発」が担当。銀行から融資を受けて事業を進め、住宅地や産業用地などの売却収入を返済に充てている。西側は市が担当し、港湾、ふ頭用地などを造成、本年度は水深14メートルのコンテナターミナルを稼働させている。 一部銀行団が事業の先行きを懸念し、同社への新規融資を停止したため、市などは2002年、同社への資本金16億円を64億円まで増強、さらに公園や緑地を造る公共事業を大幅に増やし、同社の負担を軽くする支援策をまとめた。今年は、公園用地の土地売却額が当初の見込みを下回ったため、市が約45億円を緊急融資し、公金で欠損を「穴埋め」する事態にも陥っている。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ