ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

SARS

 Severe Acute Respiratory Syndrome(重症急性呼吸器症候群)の略。38度以上の急な発熱やせき、息切れ、呼吸困難などを伴う新型の肺炎。致死率は発生当初は3―4%だったが、現在は5―6%とされている。せきやくしゃみで飛び散る飛まつ感染が主な感染経路とみられる。WHOは4月、新種のコロナウイルスが原因と断定したが、治療法や検査法はまだ確立されていない。患者は25歳以上がほとんどで、子どもに感染者が少ない理由は分かっていない。感染しても9割以上は自然治癒するといわれている。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ