ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

子どもが作る「弁当の日」

 2001年、香川県の綾川町立滝宮小の校長だった竹下和男さんが提唱。献立、買い出しから子ども自身がやるのが原則。子どもが“本腰”で台所に立つ機会をつくることで、食材や料理の作り手に子どもの思いが至るようになり、家族の会話が増えたという報告が相次いでいる。
 本紙は2006年、連載「食卓の向こう側」で「弁当の日」を特集。読者に共感の輪が広がり、九州で実践校が急増した。昨年1月からは、共同通信社とJAグループがつくる「食と農の研究ネット」などが、東京都や札幌市など全国8カ所でシンポジウムを開催。反響は全国規模となった。イベント情報などは「弁当の日」ホームページ=http://www.bentounohi.com/。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ