ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

在外被爆者への健康管理手当支給

 厚労省によると被爆者手帳を持つ海外居住者は30数カ国・計約4000人。被爆者援護法に基づく健康管理手当(現在は月額3万3800円)の支給は国内居住者に限られていたが、海外での手当受給を認めた大阪高裁判決(2002年12月)が確定。翌年3月の政省令改正に伴い、在外被爆者にも支給が認められるようになった。  ただ、過去の未払い分支給を求める被爆者と、請求権の時効(5年)を理由に拒む国や地方自治体との訴訟が各地で継続中。06年2月、広島高裁も時効主張を退ける被爆者勝訴の判決を出したが、被告の広島県が上告している。
    ×      ×
 ●判決骨子
 ▽約82万円の健康管理手当支払いを長崎市に命じた一審長崎地裁判決を取り消す  ▽原告の請求は棄却  ▽原告側には3年分の未払いの手当の受給権があるが、時効(5年)で権利は消滅した (共同)

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ