ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

日韓トンネル

 太平洋戦争開戦直前の1939年―40年ごろ、当時の鉄道省内で大陸横断鉄道との関連から本格的検討が行われ対馬や壱岐でボーリング調査などが実施された。日本の敗戦で立ち消えになったが、80年代に入り日韓双方で調査や研究が再開された。90、91年、当時の盧泰愚大統領と海部俊樹首相の会談で話題になったほか、故竹下登元首相も意欲的だったという。 トンネルを含む区間総距離は200―230キロで、対馬、壱岐のほか他の離島を結び陸上部分を増やしても海底部分は最長50キロを超え、世界最長の青函トンネル(約54キロ)を上回る見通し。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ