ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

相対評価と絶対評価

 相対評価は、5段階評定で最高の「5」と最低の「1」が7%など人数的なバランスを調整、集団での位置関係に評価を求めるもの。「できる子、できない子」といった競争を常態化させたとの批判も出た。その反省から採用されたのが絶対評価。子どもの個性や習熟度に合わせ、教師が設定した学習目標に対して個々人の到達度を評価する内容。2002年度以降に導入された。相対評価と同じ5段階評定だが、人数的な配分はなく、理念上は全員が「5」ということもあり得る。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ