ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

日田どん伝説

 身長2メートルを超す大男で、鬼太夫永季と言われた永季は16歳のとき、宮中の節会に召し出された。

 大原八幡宮に参拝した後、旅立った永季は、太宰府の近くで出合った童女に「母親が毎日鉄の粉を食べて生まれた相手の出雲の小冠者は、全身が鉄のように硬いが知っているか」と聞かれた。「知らない」と答えたところ童女は「心配はいらない。小冠者の母は一度だけウリを食べたので、額に3寸ほどの柔らかいところができた。そこを狙えばいい」と告げ、いなくなってしまった。

 節会では最初、小冠者に圧倒された永季だが、童女の言葉を思い出して額を一撃、ひるんだ小冠者を倒した。永季はたくさんの賞品をもらって日田に戻り、「日田殿(ひたどん)」として慕われるようになった。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ