ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

裁判員選任手続き案

 2009年までに導入される裁判員制度に向け、最高裁が17日公表した。各地裁などは毎年12月ごろ、各選挙管理委員会が選挙人名簿からくじで選んだ名簿に基づいて候補者名簿を作成。登載者には調査票を送り「70歳以上」「重い病気や傷害」など裁判員法で辞退が認められる理由の有無などを質問する。事件が起訴されると、担当裁判官は調査票で辞退が認められた人を除き、呼び出し状と質問票を送付。「介護や育児」「自分がやらなければ著しい損害が出る仕事」などによる辞退希望の有無を尋ねて理由が明らかな場合は呼び出しを取り消す。それ以外の候補者は裁判所に出向いて裁判長から質問を受けるなどし、裁判員6人と補充裁判員が選ばれる。裁判員となるのは年に有権者約3500人に1人と想定されている。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ