ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

国選弁護人

 被告が経済的理由などで弁護人を選任できない場合、国の費用で裁判所が付ける弁護人。憲法37条3項は「被告が自ら弁護人を依頼できないときは、国でこれを付する」と規定。これを受けて刑事訴訟法36条が「貧困などで弁護人を選任できない被告から請求があれば、裁判所は弁護人を付けなければならない」とし、37条は(1)未成年者(2)70歳以上の高齢者(3)裁判所が必要と認めるとき―などには、請求がなくても裁判所の職権で弁護人を付けることができると定めている。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ