ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

新型核

 米国は、大型核戦力の保有を相手方からの攻撃の抑止力とする「相互確証破壊」理論を基礎とした冷戦時代の核戦略を転換、テロ組織や「ならず者国家」の地下拠点や大量破壊兵器の壊滅を目指して、10年以上凍結されていた爆発力が5キロトン以下の小型戦術核の研究・開発を2003年に解禁。バンカーバスター型の「強力地中貫通型核」の開発へ動くなど、「使える核」の配備を視野に入れている。しかし核使用の敷居を下げる恐れがあるとして、野党民主党などが激しく反対している。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ