ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

被害者参加制度

 オウム真理教事件などを契機に本格化した犯罪被害者や遺族への支援の一環として導入された。殺人や強姦(ごうかん)など生命、身体に関する重大な犯罪で、検察官を通じた被害者側の申し出を裁判所が許可すれば適用される。一審だけでなく、控訴審でも同様の運用がされている。法廷で検察官の横に座り、被告人質問や量刑に関する意見陳述などができる。公費で弁護士を付けることも可能。12月からは旅費も支払われる。日弁連は「被告が萎縮し防御活動が困難になる恐れがある」と制度に批判的な見解を示している。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ