ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

核再処理に必要な化学物質

 北朝鮮の再処理施設(放射化学研究所)で使用済み核燃料に使われる化学物質は、燃料を溶かすための硝酸のほか、ウランやプルトニウムを抽出する過程で溶媒に使うリン酸トリブチル(TBP)などが考えられる。 同研究所の再処理技術は日本でも採用されているピューレックス法とみられている。再処理工程では、まず燃料を容器ごと細かく切断し、硝酸の水溶液に入れて燃料を溶かし出す。別のタンクに移し、TBPとトルエンを混ぜた有機溶媒とよく混ぜると、水溶液と溶媒に分離する。 すると硝酸と反応してできた硝酸ウラニルと硝酸プルトニウムの一部がTBPと反応して別の化合物を作り、水溶液側から溶媒側に移る。この工程を繰り返せば抽出量を増やせる。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ