ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

ワークシェアリング

 労働時間の短縮などで労働者が仕事を分かち合い、雇用を生み出したり、失業者を未然に防ぐ手法。なかでも、短時間勤務や隔日勤務など、正社員の勤務形態を多様化することで、新たな雇用を生み出す「多様就業型」が注目されている。例えば3人で8時間ずつ行っていた仕事(24時間分)を各人が2時間減らして新たに1人分の雇用を確保する。また、不況などで24時間の勤務時間が18時間に減った場合でも、8時間ずつ働いていた3人が各2時間、勤務時間を減らすことで解雇を防ぐ考え方もある。導入アドバイザー派遣は、九州以外では兵庫県などが導入している。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ