ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

ゼロ・トレランス方式

 銃やドラッグ、暴力など、子どもの問題行動が深刻化した1990年代の米国で教育現場に広がった生徒指導方式。「寛容度ゼロ」を意味する言葉で、もともとは商品管理の厳格化を示す概念だった。明確な罰則規定を定めた行動規範を児童生徒に示し、背いた場合は軽微でも責任をとらせる。クリントン大統領(当時)が97年に全米に実践を呼び掛け、導入校では暴力事件が激減。米国の教育再生の起爆剤になったともいわれる。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ