ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

K6

 一般住民を対象とした調査で、うつ状態や気分・不安障害などのある人を把握するために、米国の大学教授が開発した6項目の設問。10項目の「K10」もある。世界保健機関(WHO)をはじめ米国やカナダ、オーストラリアなどでも採用されている。日本では昨年から始まった中高年者縦断調査(対象約4万3000人)で初めて採用された。「自殺防止を目的とした、地域での気分・不安障害の調査票として活用できる」とする厚生労働省研究班の報告もある。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ