ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

前置胎盤

 通常は子宮の上部にある胎盤が下にずれ、赤ちゃんの通り道となる子宮口を覆ってしまう状態。子宮口の全部をふさいでしまう「全前置胎盤」と、部分的にふさぐ「部分前置胎盤」、子宮口の縁に胎盤の一部が下がる「辺縁前置胎盤」がある。  妊娠中の超音波検査で診断できる。妊娠の後半に痛みもなく突然出血し、大量出血すると母子の生命にかかわる危険もあるが、近年は医療の進歩により的確に対応できるようになったという。帝王切開で出産するケースが多い。何回も出産を経験した女性ほど、前置胎盤の状態が出やすいという。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ