ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

急性前骨髄球性白血病

 白血球になる前の前骨髄球が増加する血液のがん。血管からの出血などの症状がある。レチノイン酸という内服薬が有効で、治療後約3週間で症状が消えることもある。急性骨髄性白血病の治療では約70%が完全に無症状となって、その35%以上で無症状が長期持続するとされるが、この病気の治療効果はさらに高い。格闘技「K―1」の人気選手アンディ・フグさんは2000年、この病気で急死した。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ