ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

ホスピス(緩和ケア病棟)

 治癒の見込みのない末期がん、エイズ患者らを対象に、延命よりも痛みを取り除く治療を優先し、精神的ケアも提供する医療施設。国内では1981年に聖隷三方原病院(静岡県)が最初に開設。九州では86年に栄光病院(福岡県志免町)が導入。90年には国の基準を満たせば定額の診療報酬が支払われる制度ができた。日本ホスピス緩和ケア協会によると、今月1日現在の承認施設は139病院、2629床。ホスピスとは本来、患者に対する医療・ケアの姿勢を意味する。一般病院でも緩和医療を試みる動きがある。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ