ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

ひびきコンテナターミナル

 2020年までに水深15―16メートル級の大水深岸壁6バースを持つコンテナターミナルを整備する北九州市の「北九州港響灘環黄海圏ハブポート構想」(1996年3月策定)の1期計画として97年12月に着工。岸壁は水深15メートルを2バース、同10メートル2バースを整備し03年の供用開始を目指していた。同市は国の構造改革特区に北九州市国際物流特区を申請し、第一号指定を取得。9日開会の市議会に、響灘地区などの港湾を「活性化重点区域」に指定し、建築物用途制限の規制を緩和して企業が進出しやすい環境を整える「特区推進条例案」を提案したり、重点区域進出企業に対する「特別助成金制度」を設けたりして、企業誘致の環境を整える。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ