ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

高千穂鉄道

 1935年2月、宮崎県北の山間部をつなぐ国鉄日ノ影線(延岡―日向岡元)として開業、72年7月、高千穂(高千穂町)まで延びたのを機に高千穂線と改称した。89年、宮崎県や沿線4市町が出資した第三セクターが、JRから運行を引き継ぎ、トロッコ列車を導入するなど営業努力を続けてきた。営業距離は約50キロ(駅数19)。しかし、昨年9月の台風14号被害で全線不通となり、同12月に三セク鉄道経営を断念、会社清算手続きを進めることにした。今年3月には、県内外の法人20団体と9個人が出資して、運行再開を目指す民間会社「神話高千穂トロッコ鉄道」が設立され、両社間で経営委譲と資産譲渡の協議が進められていた。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ