ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

異常気象と経済

 異常気象で経済へ悪影響が大きいのは暖冬、日照不足による冷夏など、季節と逆の現象となる場合だ。第一生命経済研究所によると、4月から9月にかけて日照時間がマイナス100時間になると、その期間の家計消費を0.5%押し下げ、10-12月の平均気温が1度高いと家計消費を0.8%押し下げる。  4-9月の日照不足は、春・夏物衣料やレジャー、エアコンなど広範な品目に悪影響が及ぶ。暖冬は、冬物衣料などにマイナスだが、スキー場などを除けば、むしろレジャーにはプラスという側面もある。消費動向は金融政策の重要な判断材料で、その影響も含めれば気象は経済にとって大きな変動要因となる。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ