ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

水俣病被害者救済法

 水俣病の被害拡大を招いた国と熊本県の行政責任を認めた2004年10月の最高裁判決後、認定申請者が急増したため、水俣病の最終解決を目的に議員立法で09年7月8日に成立、同月15日に施行された特別措置法。患者認定されない人も法律で「被害者」と位置付け、公的検診などの判定を経て一時金210万円や療養費などを支給する。12年7月末の締め切りまでに熊本、鹿児島両県で4万5933人が一時金を申請、66%の3万433人が支給対象となった。国が申請期限を設け、救済対象者を地域や年代で線引きしたことへの批判も根強く、訴訟継続の一因となっている。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ