ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

福岡市の容積率緩和

 容積率とは、敷地面積に占める建物の床面積の割合を示す。敷地の半分に平屋を建てれば、容積率は50%、2階建てなら100%になる。福岡市は昨年10月、都心の古いビルの建て替えを促すため「九州・アジア」「環境」「安全・安心」などまちづくりの基本方針に沿う建物に容積率のアップを認める考えを表明。2008年度早期の実施を目指し、具体的なルールづくりを進めている。  市はこれまでも敷地内に公共広場などを設けた建物に容積率の上乗せを認めてきた。例えば、天神のイムズは、指定容積率800%を847%に、キャナルシティ博多は同500%を550%にしている。市は今回、ハードだけでなく、ソフトも含めて、まちづくりの貢献度に応じて、さらなる容積率の上乗せを認める方針だ。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ