ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

冬虫夏草

 栄養源としてセミやガ、トンボの幼虫、クモなどに菌糸を寄生し、生育するキノコ。冬に土中の虫の体内で菌糸を増やし、夏になると草のように生えてくることから名付けられた。中国では、昔から滋養強壮薬として珍重され、世界で約350種、うち230種ほどが日本で見つかっている。効能として、抗真菌作用や抗腫瘍(しゅよう)作用が知られているが、最近は健康ブームに乗って、免疫力を高める効果も注目されている。ツクツクボウシタケは近年、激減しているが、寄生したツクツクボウシの幼虫の頭部から柄を出し、淡黄白色の分枝を伸ばす。一般的な冬虫夏草と異なり、免疫抑制成分を持っている。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ