ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

靖国神社とA級戦犯分祀論

 靖国神社は1869年、戊辰戦争の官軍戦死者をまつる「東京招魂社」として設立。近代以降の「国家のための戦い」で戦死した軍人・軍属など約246万7000柱をまつる。極東国際軍事裁判(東京裁判)で侵略戦争遂行の罪に問われ、絞首刑となった東条英機元首相らA級戦犯14人を78年に合祀。以降、首相の参拝に中国、韓国が「侵略戦争の正当化」と反発している。A級戦犯の分祀論はこの打開策として、国立追悼施設の建設案とともに浮上。日本遺族会の古賀誠会長も分祀論に理解を示すが、靖国神社は「個々の霊の分祀はあり得ない」とする。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ