ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

薬害C型肝炎訴訟

 C型肝炎ウイルスに汚染された血液製剤「フィブリノゲン」と「第9因子製剤」を止血剤などとして投与され、感染した患者が国と製薬会社に損害賠償を求め、2002年から各地で集団提訴した。患者側の勝訴が続き、07年12月に当時の福田康夫首相が一律救済の方針を表明。カルテや医師の証言などで投与を立証できれば、裁判所への提訴・和解を経て補償が受けられる。汚染された血液製剤で1万人以上が発症したとされるが、カルテが廃棄されたケースも多く、給付されたのは今年10月末時点で2347人にとどまっている。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ