ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

理由を示さない不選任請

 裁判員・裁判官の構成が当事者(検察官、被告・弁護人)から見ても公正だと信頼してもらえるよう、裁判員法に定められている。検察側、弁護側が裁判員選任手続きで不選任請求できる候補者は補充裁判員がいないとき4人まで、1―2人のとき5人まで、3―4人のとき6人まで、5―6人のとき7人まで。請求すると、必ず不選任となる。これ以外に検察側、弁護側は「不公平な裁判をする恐れがある」などと理由を告げて不選任請求することもできるが、この場合は裁判所が理由の有無を判断する。最高検は「検察側に有利か不利かで不選任請求していない。請求対象は例えば被告や被害者と親しい可能性が高い候補者たち」としている。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ