ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

三位一体の改革

 小泉構造改革の柱のひとつで、国と地方の借金が約七百兆円に上る中、(1)国庫補助負担金(補助金)の削減(2)国から地方への税源移譲(3)地方交付税の見直し―を一体的に進め、税財政面から国と地方のあり方を見直し、自主的で自立的な地方行財政システムの確立を目指す。政府は昨年6月、2004年度からの3年間に4兆円の補助金を削減し、そのうち8割程度を税源移譲することなどを決めた。年末の政府と各省庁による折衝の結果、地方自治体の予算編成の指針となる地方財政計画(6日閣議決定)では、地方交付税が前年度比で6・5%(約一兆千八百億円)減るなど、地方自治体が自由に使える一般財源は12・0%(約二兆八千六百億円)削減された。税財源移譲に関しては、所得贈与税の創設のほか、移譲までの「つなぎ」として新型交付金が手当てされることになったが、総額は六千五百億円程度にとどまり、本格的な議論は先送りされた。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ