ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

高圧と低圧

 電力会社の供給電圧には2万ボルトの「特別高圧」、6000ボルトの「高圧」、200ボルトの「低圧」がある。供給約款によって契約電力2000キロワット以上の施設は「特別高圧」、50キロワット以上は「高圧」、50キロワット未満は「低圧」で供給されている。2000年3月に始まった電力販売の自由化は特別高圧の受電施設から段階的に対象を拡大。今年4月、50キロワット以上のすべての高圧受電施設が対象になった。低圧の自由化は決まっていない。一方、セブン―イレブン・ジャパンによると、一店舗の契約電力は40キロワット前後。だが「将来的に50キロワット以上が見込める場合は高圧契約できる」という約款が適用された。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ