ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

セラピードッグ

 医師らの指導に沿って患者や障害者と接する治療犬。欧米では動物介在療法(AAT)として早くから認知されている。じっと目を見る、ゆっくり歩く、添い寝するなどの訓練を受け、適性があれば、対象者の状態を判断して接するようになる。犬種は問わない。レクリエーションとして動物と触れ合う動物介在活動(AAA)とは区別されている。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ