ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

パブリック・インボルブメント(PI)方式

 直訳は「住民を巻き込む」こと。公共事業の施策を立案する過程で地元住民などから幅広く意見を募り、計画決定に生かしていく手法。立案過程で住民と行政が政策の問題点など情報を共有して透明性を高めることで、実施段階での実現性が高まるとされる。米、英、仏などでは、道路建設時にルール化している。国内では、主に道路計画策定時に国の各種審議会が導入を提言しているが、具体的手法は統一されていない。東京外郭環状道路(関越道―東名高速)が初めて本格的にPI方式を採用し計画素案を策定中。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ