ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

量的緩和

 日銀はゼロ金利政策でも景気が好転しなかったため、01年3月から金融政策の運営目標を金利から資金量に変更し市場に大量の資金を供給している。 具体的には、民間金融機関が日銀に設けた当座預金の残高に目標値を設定。当座預金は金利が付かないため、利益を生まない。残高目標の引き上げは余剰資金の増加を意味する。銀行などは少しでもその資金を投融資に回そうと考え、市中に出回る資金量が拡大するというわけだ。 日銀は、将来の量的緩和を予想させる「時間軸効果」を政策に組み込んでいる。最近は米連邦準備制度理事会(FRB)も低金利政策の継続を表明するなど、これに似た考え方を採用している。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ