ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

人権擁護委員制度

 人権擁護委員制度は1948年、憲法に定められた基本的人権を保障するために設けられた。49年には制度を恒久的なものにするため人権擁護委員法が施行された。  委員は、市町村長が候補者を選んで法務局へ推薦し、法務大臣が委嘱する。任期は3年(再任可)で、元教諭や弁護士、団体役員などが多い。現在、約1万4000の委員が各地で人権啓発や救済活動に携わっており、いじめ事件の続発を受けて始まった小中学生対象の「SOSミニレター」や、電話による「女性の人権ホットライン」などの相談事業にも取り組んでいる。  全国人権擁護委員連合会は、同法が施行された6月1日を「人権擁護委員の日」と定め、啓発活動を展開している。     ×      ×  ▼女性の人権ホットライン  0570(070)810  ▼子どもの人権110番  0120(007)110  いずれも全国共通の電話番号で最寄りの法務局窓口につながる     ×      ×  ◇6月1日の医療・健康面は休みました。2日は歯の衛生週間(4-10日)を前に乳歯段階での虫歯予防の大切さや最新の矯正治療を紹介します。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ