ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

風力発電と低周波音

 低周波音は周波数が100ヘルツ以下の小さい音で、20ヘルツ以下は聞き取ることができない超低周波音と呼ばれる。発電用の風車のほか、航空機やボイラー、鉄道のトンネルなどから発生。音を感じないのに戸や窓が揺れたり、置物が移動したりするほか、頭痛、耳鳴り、吐き気などを引き起こす可能性があるとされる。
 環境省の「低周波音防止対策事例集」は、風車について「正常運転中でも超低周波音を発生することがある」として、「複数台が稼働し、互いに影響し合って増幅されたり、民家の屋内で増幅されたりした場合には、回転数制御などの対応が考えられる」と指摘している。しかし、個人差も大きいため、現時点では具体的な規制はない。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ