ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

少年審判

 少年法に基づき「少年の健全な育成」を基本理念に、非行少年の「性格の矯正及び環境に関する保護処分」を行うことを目的とする。山形マット死事件など事実認定が問題となる事件が相次ぎ、2001年施行の改正少年法で、保護者や付添人(弁護士など)だけでなく、検察官の出席も一部認められるようになった。審判は非公開で、少年院送致や保護観察処分といった保護処分を決める。刑事処分が相当な場合は検察官に送致する。不服がある場合は高裁に抗告できる。03年度に抗告した少年875人のうち、家裁に差し戻しになったのは13人(1・5%)だった。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ