ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

情状鑑定

 臨床心理士や精神科医ら専門家が、被告の性格や知能から生い立ち、家族関係まで犯行に影響したとみられる要素を分析する。心理テストや面接などをし、通常2―3カ月かかる。犯罪事実に争いはないが、動機や原因がはっきりしない事件で採用されるケースがある。刑事責任能力の有無などを判断する精神鑑定とは異なり、鑑定結果は量刑判断の参考にされる。最近では広島高裁が2002年、仮釈放中に強盗殺人事件を起こした被告の裁判で採用した。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ