ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

貸金業関連法

 民事上の上限金利(年15―20%)を定めた利息制限法と、刑事罰の対象金利を定めた出資法、業者の行為を規制する貸金業法がある。出資法の上限は1954年の制定当初は年109・5%だったが段階的に引き下げられ、現在は29・2%。83年制定の貸金業法は必要な書面を交付して顧客が任意に支払う姿勢を示す限り、出資法、利息制限法規制の上限の間を指す「グレーゾーン金利」での融資を有効とし、比較的高い金利での営業を認めてきた。だが、グレーゾーン金利の適用条件を厳格化する司法判断が相次ぎ、出資法の上限金利が高すぎるとの批判も根強い。過剰融資の禁止規定に違反しても刑罰や行政処分が下されないなど、貸金業法の抜け穴も指摘されている。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ