ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

対日新思考

 昨年12月、中国共産党機関紙、人民日報の馬立誠編集委員(当時)が中国季刊誌「戦略と管理」に「対日関係の新思考」と題する論文を発表。日中間の歴史問題について「中国は戦勝国として寛容であれ」と説き、過去の戦争への謝罪問題も「既に解決済み」と主張した。今年4月には中国人民大学の時殷弘教授が同誌で対米けん制の観点から「日中の戦略的接近」を訴え、日本の国連安全保障理事会常任理事国入りなども支持。歴史問題では譲歩しない従来の中国政府の対日姿勢と異なることから、一連の主張が「新思考」として注目を集めた。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ