ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

脳脊髄液減少症

 体への衝撃で、脳と脊髄を循環する脳脊髄液が漏れて脳の位置が下がり、激しい頭痛や目まい、吐き気のほか、首や背中の痛み、うつなどさまざまな症状が表れる。せきや尻もちなど、軽い衝撃で発症することもあるとされるが、外傷がないため、周囲や医師に見過ごされるケースが多い。主な治療法に患者本人の血液を注射し、髄液が漏れた部分を血液凝固でふさぐ「ブラッドパッチ療法」があるが、患者会によると、1回の費用は30万―50万円。保険の適用外で全額が患者負担になるという。県教委が昨年末に県内すべての公立小、中、高校に対して行った実態調査では、少なくとも34人に症状があることが分かっている。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ