ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

粉飾決算

 会社の業績を実態以上によく見せるため、経理内容を操作した決算。信用の維持や資金調達、経営陣の保身などを目的に、利益や資産を水増ししたり、損失を過少計上したりする手口が多い。虚偽の決算内容を有価証券報告書に掲載すると、証券取引法違反罪(5年以下の懲役または500万円以下の罰金)に問われ、粉飾決算に基づいて配当した場合は商法の違法配当罪(同)に当たる。粉飾の最高額は、旧日本長期信用銀行の約3100億円。カネボウ事件では、監査法人の公認会計士も起訴された。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ