ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

不登校

 文部科学省の学校基本調査では、病気や経済的理由を除いて年間30日以上欠席した児童生徒を「不登校」としている。最新の同調査によると、2008年度は小学生が2万2652人で、中学生は5倍近い10万3985人だった。  中学生の不登校は、1998年度に初めて10万人を超え、以降も10万人前後で推移。少子化で中学生全体の数が減っているため、全生徒に占める不登校の割合は上昇傾向にある。08年度は2・89%で、1クラスに1人以上いることになる。  特に中学1、2年生で急増。08年度の問題行動調査によると、不登校のきっかけは「いじめを除く友人関係をめぐる問題」(19・9%)「学業の不振」(10・9%)が多く、不登校継続の理由は(1)不安など情緒的混乱(33・3%)(2)無気力(29・2%)の順だった。  九州各県における不登校の中学生(08年度)は、福岡4204人▽佐賀726人▽長崎1273人▽熊本1437人▽大分1043人▽宮崎729人▽鹿児島1378人。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ