ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

国民健康保険組合

 自営業者や退職者などが加入、市町村が運営する国民健康保険(市町村国保)とは別の、医師や建設業従事者ら職域ごとの保険組合。相互扶助の目的で任意に組織していた同一業種の組合が、1938年に成立した旧国民健康保険法で保険事業を行う国保組合として認められた。48年からは国保事業は市町村が運営することになったが、国保組合はそのまま残り、現在に至っている。医療給付費に対する補助金は市町村国保が原則50%、中小企業の従業員が加入する政府管掌健康保険も13%受けているが、患者の自己負担はいずれも3割。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ