ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

ゼネコン業界

 2002年度の建設投資は57兆円規模と、96年度の82兆円から、約3割落ち込んだ。景気対策として上積みされた公共工事が圧縮されているのに加え、マンションなどの民間建築部門でも価格競争が激化。総合建設(ゼネコン)業界は厳しい経営環境にある。 こうした環境と不良債権処理加速策を受け、金融機関などからの支援で生き残りを図るケースが続出。準大手のハザマが1月に、債務免除を含む約1500億円の追加金融支援をてことした再建計画を発表し、3月には安藤建設との資本提携に踏み切った。 同じく準大手の東急建設も、東急グループなどからの増資を受け、会社分割方式で再建を図ることが決まるなど、業界地図が刻々と変化している。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ