ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

株式持ち合い

 資本の安定を目的に、友好関係にある会社同士が互いに株式を保有すること。資本自由化で外資による会社支配の懸念が強まり、1960年代後半から急速に広まった。バブル崩壊後の業績悪化で、銀行を中心に持ち合いを解消する動きが加速し、外国人の株式保有比率が急拡大した。このため事業会社の中には、株式の相互保有や資本提携を強化したり、取引先に株式保有を依頼するなどの動きが出ている。買収への防衛策とはなるが、多数の株主による経営監視の側面からはマイナスとなる。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ