ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

認定審査会

 公害健康被害補償法は、知事が水俣病患者を認定する際、有識者でつくる認定審査会に意見を求めるよう定めている。熊本県の審査会は知事に意見を具申する神経内科、耳鼻科などの医師10人と、審査会内で参考意見を述べる医師10人で構成。任期は2年。国が1977年に示した手足の感覚障害や視野狭窄(きょうさく)など複数の症状を合わせて認定する基準を採用していた。だが、2004年10月の水俣病関西訴訟最高裁判決は感覚障害のみで被害者を認定。「二重基準」との批判が出て、委員は同年10月末の任期切れ後、再任を拒んできた。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ